FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手乗りルリタテハの行動観察

野生のルリタテハが人の体にしばしば止まることに気付き、その理由を知るため行動を観察しました。今年(2011年)ルリタテハを見た場所は3ヶ所でしたがいずれも見晴らしの良い場所でした。その場所で腕を伸ばして静かにしていると、手の指、腕、シャツの袖、シャツの腹部、ズボンの上に止まりました。ルリタテハのオスは縄張りを張る性質があることが知られています。観察したほとんどの場合(9/10程度)人体に止まるのは単に縄張りを見張る高見台として利用していると解釈できました。1回だけ手の指に止まったルリタテハが吸収口を伸ばして指の表面を吸う行動を観察しました。力強く羽ばたいて機敏に飛ぶルリタテハには相当の活動エネルギーが必要です。ルリタテハは雑木林の樹液や動物の糞などにやって来て水分を吸うことが知られていますが人の分泌物を吸うこともあるようです。

1. ルリタテハが縄張りを張る場所: 見晴らしの良い場所
A地点(公園の野外ステージ)
ルリタテハ
ルリタテハ
4月初旬、今年初めて見たルリタテハ、木造の枠の上にいる(2011/4/6 15:27)。
9月初旬、コンクリート製花壇枠の上にいる、 いかにも縄張りを見張っている様子、羽に傷がなく若い個体だ(2011/9/6 16:43)。

B地点(池近くの散歩道)
ルリタテハ
8月下旬、この場所ではよく杭に止まっている、一段と高く良い見晴台になる(2011/8/27 16:45 )。

ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、コンクリートの散歩道にいる、腕を伸ばしたら一瞬Yシャツの袖に止まった(2011/9/6 17:08)。 
9月初旬、また杭に止まっている。左羽先が下に垂れている個体(ルリD君)、腕を伸ばしたらYシャツの袖に止まった(2011/9/11 16:38)。

C地点(公園の芝生)
ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、芝生を縄張りにするルリタテハ(ルリB君)は大抵杭の上に陣取っているが、私の手に止まったり、たまに芝生に舞い降りた。吸収口を伸ばしていないので吸水のためではない(2011/9/4)。同じ場所の杭にルリタテハがいる、腕を伸ばすとYシャツの袖に止まった。ルリB君と比べると羽がそれほど痛んでいない、と言うことは、この個体(ルリC君)がルリB君を追い出して縄張りの主になったということでしょう(2011/9/8 17:12)。

ルリタテハ
芝生の中にコンクリート製の排水溝の点検口があり、ルリC君は時々ここに止まった。ここも芝生よりは見晴らしが良い(2011/9/8 17:19 )。

ルリタテハ
9月も中旬のこの日も芝生の杭にルリタテハがいた、羽の切れ具合をみるとこの縄張りの主、ルリC君だ。この後、Yシャツの腹部に止まり、手の指に乗り移った。そして初めて吸収口を伸ばして指の表面を吸う動作をした(2011/9/16 17:33)。

2. 人間の体に止まる理由
2-1. 縄張りを見張る高台として利用(手の指、白Yシャツの袖、白Yシャツの腹部、黒トレパン)
2-1-1 手の指
ルリタテハが手に止まった
8月下旬、B地点、ルリA君、伸ばした手の指に一瞬止まった、前にも経験したが4回目でようやく写真を撮ることに成功した(2011/8/27 16:45 )

ルリタテハが手に止まった
ルリタテハが手に止まった
9月初旬、C地点、ルリB君、手の指の上、いかにも見晴らしの良い高見台だと思います。今回は約3分も止まってサービスです。羽の周辺がだいぶ痛んでいる個体です(2011/9/4 17:24, 17:25)。

2-1-2 衣服の上(白Yシャツの袖、白 Yシャツの腹部、黒トレパン)

ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、B地点、ルリD君、左羽先が下に垂れている個体、杭に止まっていたが、腕を伸ばしたらYシャツの袖に止まった(2011/9/11 16:39)。次に、シャツの腹部そして黒いトレパンの上に止まった、白だけじゃなく黒い物体も識別できることが分かった(2011/9/11 16:39, 16:41)。

ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、C地点、ルリB君を追い出して縄張りの主になったルリC君、手を伸ばすと腕のシャツに止まった(2011/9/8 17:14)。
飛び去り芝生の中にあるコンクリート製排水溝の点検口に止まっていたが、またYシャツの袖に戻って来た、急に飛び立ったのでその先の空中をみたら縄張りに侵入してきたアカトンボと接近空中戦を始めた。トンボを追い出すとまた腕の同じ場所に戻って来た。この行為は人を見晴台として利用している証拠だ(2011/9/8 17:12, 17:14)。
ルリC君はだいぶ長い間私の体に止まっていた、シャツの腹部に止まった例、ルリ君の複眼は前方と上方がよく見えるらしい、下向きに止まっても良い見晴台のようだ(2011/9/8 17:39)。
9月中旬、この日も芝生の杭にルリタテハがいた、羽の切れ具合をみるとこの縄張りの主、ルリC君だ。Yシャツの腹部に止まった(2011/9/16 17:38)。

2-2. 人間の分泌物を吸う

ルリタテハ
ルリタテハ
9月中旬、C地点、ルリC君、シャツの腹部に止まったので手を伸ばすと手に移った、あれっ、吸収口を伸ばしている、初めて見た(2011/9/16 17:46)。
針であちこちを軽くツンツンと突っつかれるような感触を感じた、人間の分泌物も活動源になるらしい(2011/9/16 17:47)。

3. 前方と上方は目で警戒するが下方の警戒は薄い習性を利用した「やらせ手乗り」
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、B地点、ルリD君、シャツの腹部に止まったとき下から手を差し出してみたらすなおに手に乗り移った(2011/9/11 16:46)。
その後もルリD君はしばらく手のひらの上に止まっていた、自分のテリトリーを見張るのに良い高見台らしい(2011/9/11 16:49, 16:50)。

ルリタテハ
ルリタテハ
9月初旬、C地点、ルリC君、杭の下から手を近づけるとそのまま手の指に乗り移った。ルリC君も指の上でしばらくじっとしていた、同じ日、違う場所で違う個体が同じ行動をとった、やはりルリタテハの習性なのだ(2011/9/11 17:27))。

おわりに
ここに登場したルリタテハは全て力強く羽ばたき機敏に飛ぶ野生の個体であり、羽化直後や飛べないほど羽が傷ついた個体ではありません。最初手に止まったときはびっくり、繰り返し止まる行動を見たので写真に撮ろうとして4回目で成功しました。その後、リルタテハの習性がだんだん分かってきたのでその場所に行き自然物を装っていると大抵体のどこかに止まりました。静かに写真を撮ることにも習熟しました。そして、さよなら、ルリ君。2011年9月18日、B地点の芝生に行ったらルリタテハが飛び出した、一瞬左腕(シャツではなく)に止まったのですが直後に姿を消しました。いつもは飛び立っても近くを飛び回っていたのですが、この日は見えなくなりました。まだ力強く飛んでいたのですが9月20日から急に寒くなって姿を見ることがなくなりました。縄張りで配偶者と出会い来年に命をつないだことを願わずにはいられません。

カメラ: PowerShot SX30 IS, Casio EXILIM EX-ZR100




スポンサーサイト

テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。